報公賞

令和4年度「報公賞」贈呈要領

  1. 報公賞の贈呈は、工学の進歩に著しく貢献した研究を対象に行うもので、独創性と発展性の見地から、工学の進歩への貢献度が特に顕著であると認められる研究業績を対象にします。

  2. 報公賞の贈呈は、原則として毎年1件とし、賞金1,000万円を贈呈します。 

  3. 受賞候補者は、工学研究者および工学の基礎となる分野の研究者であって、原則として他の著名な賞の受賞経験を持たない優秀な研究者に重点を置き、大学、研究所等の機関・部局長の推薦を受けた者とし、自薦は認めません。

  4. 報公賞は、研究組織については贈呈の対象としませんが、1件の報公賞を複数の研究者に連名にて贈呈することは妨げません。

  5. 報公賞の選考は、下記審査委員を中心として、必要に応じ臨時の専門委員を加えた審査委員会が行います。

    東京大学名誉教授、情報セキュリティ大学院大学名誉教授 田中 英彦
    東京大学名誉教授 佐藤 知正
    東京大学大学院薬学系研究科教授 一條 秀憲
    東京大学名誉教授 畑中 研一
    三重大学名誉教授、三重大学リサーチフェロー 武田 保雄
    公立大学法人福知山公立大学情報学部長、教授 西田 豊明
    広島大学大学院先進理工系科学研究科教授、東京工業大学名誉教授 高田 十志和
    東京大学大学院新領域創成科学研究科教授 大崎 博之
    東京工業大学物質理工学院教授 熊井 真次

  6. 優秀な研究成果を挙げた候補が複数あり、各々優劣をつけ難い場合には、報公賞を分割贈呈することがあります。また報公賞に該当する候補がない場合は、贈呈を行いません。 

  7. 選考は原則として7月末までに終わり、文書で通知します。なお、報公賞の贈呈式は、2022年10月11日(火)開催の設立記念会にて執り行う予定です。