公益財団法人服部報公会

 財団の概要

   報公賞・助成援助金

 事業内容


 当財団は現在、工学に関する研究を奨励援助し、もって学術及び科学技術の振興と進歩発展に寄与することを目的として、以下の事業を行っております。
  1. 工学の進歩に著しく貢献した顕著な研究業績を挙げた研究者に対し、報公賞(感謝状、賞金)の贈呈。
  2. 工学の発展に寄与することが期待される研究に対し、工学研究奨励援助金の助成。
  3. その他当財団の目的を達成するために必要な事業。
 上記の目的を達成するために、ウェブサイトなどを通じて公募を行っております。報公賞については大学、研究所等の研究機関に対し、また工学研究奨励援助金については大学学長、大学院工学研究科長又は工学部長に対し応募要項を送付し候補者の推薦をお願いしております。慎重かつ厳正な審査を行い、毎年10月9日に開催する当財団設立記念会の席上において報公賞および工学研究奨励援助金の贈呈を行っております。

 なお、当財団は、1931年(昭和6年)の第1回の報公賞より2017年に至るまでに報公賞113件128名、工学研究奨励援助金2,929件を贈呈して参りました。